土地建物の価額の区分

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.契約書で区分されているときは、その金額による。

2.契約書で建物に課された消費税等の額が明らかなときは、
その消費税等の額を基に建物の取得価額を算定します

建物につき消費税が明示されているときは、

それにより按分する。

3. 土地と建物を一括購入したような場合で 購入時の契約において 建物の区分価額が明らかでない場合 価額が区分されていない場合 購入時の それぞれの時価で合理的に按分して計算します。 が

建物の建築年と木造、鉄骨造等の

構造別に1㎡当たりの 標準的な建 築価額を定めた

建物の標準的な建築価額表を 目安にして建物の取得価額を算定することが認 められます。

*   建物の標準的な建築価額表 による場合は、 譲渡建物の建築年に対応する同表の建築単価(年別・構 造別)に その建物の床面積を乗じた金額をその建物の取得価額とします。

*なお、建物がマンション等である場合の床面積は、 その者が有する専有部分の床面積

によっても差し支 えありません。

* 中古の建物を取得している場合には、 その建物が建築された年に対応する 建物の標準的な建築価額表の単価に

床面積を乗じて求めた建築価額を基に、 その建築時から取得時までの経過年数に応じた

償却費相当額を控除した残額を 取得価額として計算して差し支えありません

建物の取得価額が不明な場合には
建物の標準的な建築価額表
により取得費を計算できます。国税庁HPより

土地建物の価額の区分が不明な場合にも 利用できる場合もあります