株式譲渡益の申告分離課税

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式の譲渡益の計算

譲渡代金-

△(取得費+委託手数料と消費税等+借入金利子+その他の費用)=譲渡益
譲渡益×20.315%(所得税・復興税15.315%、住民税5%)=税

利益が出ている場合(源泉徴収選択口座以外)は、

確定申告義務者となります

損益通算 上場株式等の場合

譲渡損益、利子、配当、償還差損益、収益分配金、解約損益

の間での損益通算可能

 

上場株式等と一般株式等との損益通算は不可

 


上場株式等の譲渡損は、

上場株式等の配当・利子と損益通算でき、

損失が残っていれば、翌年以降3 年間にわたって繰越控除可能

特定公社債等の利子等とも損益通算可能


源泉徴収選択特定口座を選択した場合

証券会社等が

所得税等と住民税の源泉徴収又は還付を行う

ので、確定申告をする必要がありません

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です