相続時精算課税制度の適用範囲の拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業承継税制の適用を受ける場合には、
相続時精算課税制度の適用範囲を拡大することにより、
猶予取消し時に過大な税負担が生じないようにする。

一般措置に加えて、
30年改正事業承継税制の適用を受ける場合には、
60歳以上の贈与者から、
20歳以上の後継者への贈与を
相続時精算課税制度の対象とする。
贈与者の子や孫でない場合でも適用可能。)