事業用小規模宅地の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

親族(親族であればだれでもよい) が承継し、取得、 相続時から申告期限まで 事業を継続し、 宅地を保有することが要件


同一生計親族の事業を引き継ぐ場合には その同一生計親族が 承継し、取得、 相続時から申告期限まで 事業を継続し、 宅地を保有することが要件]]>